1 基本的な考え方

 本校は,子ども達の育ちを保証し,地域から信頼・信用される学校づくりを目指している。信頼・信用されるためには,子どもの変容が必要条件であり,子どもの変容なくして信頼される学校づくりの実現は難しい。
 子どもの変容は,教師の変容・教師力の向上によって可能となる。そして,教師力の向上は研修(充電)と実践(放電)の継続によってのみ実現できる。
 校内研修は,学校の課題解決や教師の資質向上を目指して,学校全体で意図的・計画的・組織的・継続的に取り組む研修活動である。
 以上のことを踏まえ,本校の校内研修は,次の二つの視点で推進していく。

 (1)学校課題解決のための授業研究〔研究の視点〕
 (2)情報の共有化・活用・職能成長のためのネタ紹介,及びスキルアップ研修 〔修養の視点〕