概要

■名称:うるま市立天願小学校
■創立:明治39年4月1日
■所在地:沖縄県うるま市みどり町1-8-1
電話:098−973−3359
FAX:098−974−7128

■地域・学校の様子
○地域の特色
 うるま市は沖縄県の中部東海岸に位置し、人口11万6800人(県内第3位)、面積が85.83キロ平方メートル(県内第5位)の町である。豊かな自然と海洋資源に恵まれ、さらに世界遺産勝連城趾などに見られるように貴重な歴史遺産や文化財、各地域で永年にわたり培われてきた伝統芸能、生活風土、地場産業など新たなまちづくりの基本となる要素が多く築かれている。

○校区の概要
 本校は、うるま市の西側に位置し、宇堅区、天願区の両農業地と軍用地の開放に伴う区画整理事業による新興住宅街、みどり町に立地している。
 学校の北側約100mには「ふるさとの川モデル事業」の指定を受けた天願川があり、蛇行しながら南東方面へ流れ金武湾へ流れ出る、豊富な水資源と自然景観に恵まれた学校環境である。
 本校は、明治39年に具志川尋常小学校から分離し、平成18年には「創立100周年」の節目を迎えた歴史と伝統をもった学校である。戦前の校地が軍用地内にあるため、戦後は川崎初等学校宇堅分校として米海軍630部隊内に設置され、次いで宇堅長作原12に移転、1956年字天願22に新築移転し、1962年に天願小学校となり、その後は昭和54年、現在のみどり町1丁目8番1号に新築移転し、現在に至っています。

○教育目標